ルールーの沢口

不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、請求トラブルに発展することがあります。というのは、最初に出してもらった金額のほかに尾行の際の諸経費や別途加算代金などが組み込まれ、あわてて契約の解除をしようにも、依頼者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。やはり、契約前にきちんとチェックしておくことが大事ですね。ひとつでも納得いかない点がある場合は、違う業者を当たったほうが良いでしょう。どの興信所に依頼したら良いか分からない時は、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵に限って探してみると良いでしょう。ローカルに強い探偵なら、深い調査ができ、報告書の精度も上がるでしょう。調査内容いかんでは不得意なこともありますし、逆もまたあります。先にウェブで情報収集しておき、業者に電話確認してみることも大切です。名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は名前だけです。双方とも探偵の業務を行うという点では共通しています。不倫調査という点でいえば、特に気にすることはありませんから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。ただ、ある程度、得意不得意なども事業者ごとに特徴があるため、そのあたりはおさえてから契約したいものです。探偵にパートナーの浮気調査依頼した際、調査していることが相手にばれないか心配になるのは無理もないことです。探偵というのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、調査対象にばれるようなことは、まずないといって良いでしょう。とはいえ盲点もあって、浮気調査を依頼したあと、依頼人の「態度」に変化が表れたりすると、相手が用心してしまうというケースもあります。報告書を入手するまでの辛抱だと思い、いつもと同じように生活するようにしましょう。探偵がしている仕事(行動)として、たいがいの人はひたひたと尾行する姿を想像するようです。対象にそれと悟られないよう追跡しながら、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、探偵は調査対象者の行動をある程度、見越しておく必要があります。相手の不定型の行動に迅速に対処するのが「ごく普通の探偵」の業務です。調査業務で探偵を雇うときは、ひとまず電話をかけて話をします。心配なら非表示でかけるのもOKです。電話口での相談で相手の応対を見て、詳細を打合せたいというときは、営業所に行きます。そこで契約に必要な説明を聞いて、信頼できる会社だと思ったら契約書を交わし、そこから調査員へのGOサインが出されます。名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。少し手間でもネットを使えば、各探偵業者の利用者のクチコミがわかるでしょう。都内在住なら自分の住んでいる区内から評価の高い業者を見つけ、そこで話を聞いてもらえれば、他より質の高い仕事をしてくれて、浮気の裏付けも丁寧に行ってくれるでしょう。探偵は調査が終わると調査報告書を作成しますが、記載事項はだいだい同じでも形式が定められているわけではありません。しかし、調停離婚や訴訟の場で使う際は、証拠として採用されるには、良質な情報を備えた報告書である必要があります。あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、探偵社を選ぶようにする必要があるでしょう。調査業者を選定するときに気になってくるのが、諸経費や料金のことです。コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって差が生じるのは致し方ないことでしょう。素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1時間の調査として、平均的には2万円程度とされています。安ければいいというものでもないでしょうから、業者に相談して見積りをとるのが最も簡単で、具体的な回答が得られると思います。不倫を疑って、プロに素行調査を頼もうと思ったら、平均的な料金は知っておいて損はないでしょう。不安感を煽って高額な契約を押し付ける悪質なところもあるからです。それから、相場より明らかに安価な料金を謳いながら、追跡調査時の経費や機器代など、割高な支払いを要求されることもあるので、コストテーブルについては事前に、きちんとした説明を求めるようにしましょう。全部がそうというわけではありませんが、探偵社では無料で相談員と話ができるケースが増えてきました。初めて探偵の仕事を依頼するのですから、是非とも活用したいサービスです。よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める上で重要な情報が得られるからです。親戚でも友達でもない第三者に相談することで、自分の悩みや気付かなかったところを、あらためて洗いなおすきっかけにもなります。興信所や探偵社などを経営する際は、資格や免許はこれといって要求されません。ただ、平成19年の探偵業法の施行により、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて公安委員会に届け出書を提出し、探偵業届出証明書を交付してもらって、許可を受ける必要はありますから、業者選びの目安にはなります。営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。調査会社が探偵業務で使用する道具というと、従来は発信機がありましたが、いまは高性能GPSの利用が進み、旧発信機の時代に比べると調査対象の追跡性能がアップしました。最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、よほど電波の届きにくいところでなければ車両を発見することは簡単になりました。これさえガッチリとつけることができれば、調査の精度はさらにあがります。ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、代金を支払った上で仕事を依頼することになります。同じ調査でも調査員の業務内容により、見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。もっとも依頼の多い追跡調査ですら、場合によっては長時間、長期間かかるかもしれません。日時をどのように区切って依頼するかによってコストテーブルは変わってくるため、所要時間が多ければ、それだけ多くの費用を必要とします。かつては安値で探偵を引き受ける業者は劣悪という印象でした。素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。でも、今は違います。インターネットが普及し、きちんと仕事をしてくれる探偵業者なのかどうかはブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、高いばかりで品質が伴わないところへ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、品質と料金が釣り合ったところを見つけるのは大事なことです。興信所に持ち込まれる案件の多くは、素行(不倫)調査ではないでしょうか。どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に解説します。標準的な不倫調査としては、依頼人から提供された対象情報を参考に追跡します。いわゆる「尾行」です。四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気しそうな日を絞って不貞行為の証拠を入手します。調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーということはありません。比較的大規模な探偵社の場合は支払いはクレジットカードでもOKです。もし利用明細を見られても気付かれないような表記にしている会社も多いので、カードの使用明細によって調査をしたことがパートナーに分かることはありません。カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、会社としての信用性を計る上でも役立つでしょう。探偵もお客様あっての商売ですから、価格競争があり、大幅値引きな価格を提示したり、ポッキリ価格で請け負う業者が増えてきました。ただし、一見安いように見えてオプション料金が発生する場合もあり、あとになって料金が割高になることもあるので、正式に契約してしまう前にそういった疑問点を解消し、最終的に割高だった!なんて結果を招かないよう気をつけるようにしましょう。普段は無縁な探偵社ですが、詐欺のようなタチの悪い会社が存在するので、依頼しても良いかどうか評判も見て、堅実な会社に依頼すべきです。ところで、不倫調査を依頼しても、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。調査費用、所要期間(時間)等については、わかるまでよく説明してもらった上で依頼するようにしましょう。前からなんとなく不倫の兆候があったんですよね。確証が欲しくて、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、思っていたより多くの会社があるようで驚きました。問い合わせは複数の会社に行い、一番感じが良かったところに頼むことにしました。調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、決定的な証拠を目の前にすると、やはりショックでしたね。個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、ターゲットの尾行や周囲での情報収集を行って顧客に売却する探偵の行動が違法なのではと不安に思う人も少なくありません。現在は探偵業法による規制があるので、その点は心配要らないでしょう。平成19年に探偵業法が施行されるまでは、調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、不当な行為を働く業者によるトラブル発生抑止のため定められました。普通の生活では興信所や探偵を使う機会はないものです。不倫調査を頼みたいと思っても、どこにしたらいいんだろうと悩むのが一般的なのではないでしょうか。個人ないし法人が探偵業務を取り扱う際は、公安への届出が必要で、認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。きちんとした業者かどうかは、この番号を見れば確認できます。つまり、業者のウェブサイトに許認可番号の掲載があるかどうかをチェックしましょう。不倫の証拠をおさえるための素行調査は、対象と近すぎる間柄の人が行うと、尾行自体がバレやすく、さらにはつい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう可能性も想定しておかなければいけません。同じことでも探偵に依頼すれば、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、自分でわざわざリスクを負うよりはるかにラクに不倫の証拠を得られるはずです。トラブル回避のためにも利用をお勧めします。探偵を使い慣れている人っていませんよね。配偶者の浮気で、探偵に調べてもらう際は、価格の安さが気になりますよね。とはいえ、安すぎるところは注意が必要でしょう。価格なりの低レベルな調査に終わるケースもしばしば見られるのです。これから依頼するのであれば、その会社の信頼性は、しっかり確認しておきましょう。たとえ大手だからといって一番良いとは断言できないものの、やはり規模が大きめの探偵社(興信所)に頼むと後悔することが少ないと思います。小規模な調査会社の中には調査も満足に行わないうちに代金を請求してきたり、費用の説明が不十分なところもあるからです。また、営業所の相談員の態度なども依頼するかどうかの判断材料になるでしょう。探偵業者を選ぶなら、事前に評判をチェックすることを強くお勧めします。評価が芳しくない探偵では、不当に高い料金を請求してきたり、適当な調査でごまかしている場合もあるみたいです。一定以上の評価を得ている業者なら、悪質な請求をつきつけられる可能性もありませんし、不倫調査のような秘匿性の高い仕事も安心して頼めるでしょう。どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、実に気になるところだと思います。探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、適正な説明と見積りなしには契約に至らないので、大丈夫です。強引な勧誘や詐欺まがいの業者に遭うのが心配なら、むこうの事務所の代わりに、一般人の往来が多い喫茶店やファストフード店などで顔合わせするという手段もあります。違法な勧誘を未然に防ぐことができます。最近は興信所も探偵も、取り扱い業務は同じだと考えていいでしょう。離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、確実に浮気した(している)証明というのが是非とも欲しいところです。しかし一般人がプロ並みの証拠をゲットするのは困難ですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、離婚する際に、手間も時間も節約できるでしょう。また、不倫相手に慰謝料の支払いを求める際も効果を発揮します。探偵業者にかかる費用には幅があって、ごく一部の業者とはいえ、異例とも言える高額な請求を行っている会社もあるようです。高い料金に見合ったハイレベルの調査が行われているのかは、確実にそうだとは言えません。高いお金を払って、最も大事な不倫の裏付けすらできなかったなんてことにならないよう、あらかじめ標準的な費用についておさらいしておくべきですね。たちの悪い興信所にあたってしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は要注意です。一度断ったのに、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。普通の営業をしている探偵業者なら、まず行わないようなことでも平気でしてくるのです。