新原が荒木

夜勤シフトもあって、看護師の勤務時間は一定しません。休日や時間休も取れますが、なかなかハードではあります。そして、結婚や出産といった機会に退職する看護師も大勢いる、というのが現実です。出産し、子育てを始めるとなると安心して託児ができる施設などがなければほぼ、夜勤に出るのは無理でしょう。しかしながら近年、子供が充分に育ったことにより復職を希望する人の例が増加傾向にあり、ブランクはあれど経験者ですから、期待されています。病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、様々な他職業と比べても、けっこう良い給料をもらうことができます。人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、ハードな夜勤や残業をはじめ、各種手当もしっかりともらえて、これが給料額を押し上げます。誰もがあまりやりたくはない夜勤が多かったり、仕事の虫で、残業も苦にならないというような看護師ですと、給料はもちろん、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。それと、患者さんの家族や関係者の人に涙ながらにお礼を言われるような時も、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、もしも仕事で、やりがいを得られなくなった時には、退職したいと考えるだろうと思います。仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。さて、看護師として長く働き続けると、医療にずっと関わり続けて多少の知識も身に付き、人の身体がどんな具合か、だけではなく、自分の心身の健康についても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。厳しい労働環境の中で、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死してしまった看護師もいたのです。夜勤のない職場に移ったとしても、多くは訪問介護の仕事があったりして、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。看護師さんとお医者さん。この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。明らかな違いといえば、医師は患者さんの診察と治療、予防のためのアドバイス、適切な薬を出すことが主な業務とされます。その一方、看護師さんの行うことはといえば、お医者さんに従い、診療面で医師の補助をしたり、患者さんの医療的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。少々手間もあるのですが、利点が多い看護師の能力評価については、近年ではだいぶ行なう病院が増えてきました。看護師の個々の能力を、間違いなく測定し、評価をつけられるよう、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った病院もたくさんあります。評価を行なうのは、毎月の病院や、一年に一度だけということもあります。看護師は、こうして定期的な評価を受けることで、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。また、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。やり甲斐という観点から見てみますと、看護師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。でも、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。そして、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。大変だと知りつつ、看護師という職業を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、デメリットに目をつぶることが可能なくらい大きな満足感も得られる仕事なのです。24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。シフトの具合によっては仕方がないとしても、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。なので、育児中であってもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、ともあれ働き続けていられるということは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。一般に、看護師の仕事のハードさについてはよく認識されています。勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも仕事の一つです。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、スタッフの数が少ない夜間に何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、少々混乱してしまいそうなくらいに忙しい日もあるでしょう。業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、看護師の仕事はかなり厳しいものですから、心身に辛さを覚えることも多いかもしれません。夜勤を前提とした二交代制、三交代制の勤務形態もあり、看護師の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、これを続けていることで調子を崩してしまっても、なんら不思議ではありません。心身ともに大きな負担のかかる仕事ですから、これにより当然のように疲れを蓄積していき、とうとう、腰痛などを起こしてしまったりします。そして、ようやく「少し無理をしているのかも」などと思い知らされることもあるのです。もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといったものではなく、臨機応変さが必要になってきますので、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから別の仕事先を探す人も一定数います。様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、ポジティブな考え方の転職ですね。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く神経を張りつめていることが多く、これが続くとどうしても強いストレスを経験することになります。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を知り、実行しているかということも、看護師というハードな仕事を続けていくためには見逃すことのできない点になるでしょう。看護師になろうと思ったきっかけは中学の時の職場体験で、介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた看護師さんに衝撃を受けたからです。大人になって仕事に就くならこんな風に働きたいと考えたことが端緒となり看護学校に入学することを決め、今は看護師として働いています。大変なこともあるのですが、それなりに充実していると思います。看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、病院によりますが、例えば人気のある診療科だったりしますと待合室に患者があふれるようなことにもなって、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。特に90年代の終わり頃でしょうか、仕事としての看護師は、かなりハードな部類に入ると世間的に認知されていた節があります。しかし、現在ではもうすっかり、看護師が労働の対価に見合う高給を得られるといった事実について、急激に周知されてきているようです。イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。看護師の給料と言えば、女の人であっても、その稼ぎでもって、世帯の維持が可能なほどなのです。こうしてみるとよくわかりますね。看護師は確実に高給を得られる専門職なのです。出戻り就職という言い方があり、一度辞めた仕事場で再び働くことですが、こうする看護師は結構多いようです。ただ、それ程スムーズに、戻ってこられるかどうかはどんな辞め方をしたかによって決まりそうです。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、出戻りもしやすいはずです。こうしたケースは、実際にとても多いようです。それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。看護師の存在は法律上、医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。しかしながら、患者さんの状態によって、急を要する場合には、キャリアのある看護師にはそれなりの医療行為も行っていいのではないかと思っています。看護士と看護師、いったい何が違うのでしょう。読み方はどちらも同じですが、漢字だと、二通りで表すことができます。過去には看護士と書いた場合は男性のことを指し、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。でも、2001年に法律が変わったことを契機として、女性にも男性にも使うことができる「看護師」を使うことで一本化されました。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、とにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、細心の注意を払ってほしいところです。それから、薬についてですが薬品に触れることは大変に多い訳ですし、軽く考えない方が良いでしょう。立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。ですから、必要十分な休憩をしっかりとって、なるべく安全な妊婦生活を送るようにしましょう。正社員として働く看護師もいれば、パート勤務を選ぶ看護師もいます。正社員の場合は月給制で、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。その時給ですが日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺が普通のようです。これを単純にパートの時給とみると結構良いように思えますが、専門職である人命に関わる看護師であり、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。看護師として、初めての病院勤務を始めた新人であったり、他の病院から転職してきた看護師の場合、労働に見合うだけの残業手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、勤続年数や経験などは関係せず労働に関する法律に、明らかに違反しています。行なった残業は、労働には違いありません。なので、こなした分はしっかり、給金という形で手に入るのが当然なのです。専門職だけあって、看護師という仕事についていると、仕事にあぶれる心配はなく、転職も難しくありません。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった単に私事からの転職もよくあるものの、中には、自らの看護師スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ職場を変えるのは難しくなるでしょう。もっと多くの経験を積むために総合病院を希望したい、公立病院が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった看護師としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる看護師業ですけれど、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。しかしながら、病院における看護業務の他にも、実は看護師がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、市町村の保健センター、保育園、企業内、介護施設などです。こうした職場で看護師として活躍する人も大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。看護師はこんな風に看護師として仕事ができる場所はたくさん有ります。結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングに最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いということも、しばしば言われるようですが、どうやら、単純に看護師の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。なにしろ、女性はすぐにグループを作って何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。あまり健全ではない、そんな空気の中にいていい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、とわかっておけば、冷静でいられるでしょう。止まらない少子高齢化の影響。医療の仕事を行う人々というのはより多く輩出されなければならなくなるでしょう。したがって、現時点で看護師不足の状態なのですが、しばらくの間はこの状態のままだろうと予想がつきます。年々多くの看護師が輩出されているのに、変わらず看護師の数が不十分だといわれるのはどうしてなのかといえば職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も原因として挙げられます。看護師が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。看護師の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。勤務している今の職場でハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、転職をしようという結論に至った理由は、十人十色さまざまです。今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。他業界の労働者と看護師を収入の面で比較してみると、平均収入なら確実に、看護師の方が上回るといいます。看護師不足に陥っている医療機関は少なくはなく一定数以上の需要が常に見込まれるので、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような点も、人気職である所以かもしれません。ところが、高給を得られる職業ではありますが、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、気になったことがあります。どうやら看護師はタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、ヘビースモーカーの看護師も減ってはいますが、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。それから、たまにあるお酒の席などで見られる、看護師たちの酔い方、といいますか、酔態は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。通常業務のみでも大変忙しいのに加え、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残って仕事をしなければならないことがよくあります。ですが、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもすぐに笑顔になれるので、時々、看護師は女優みたいだなと思うことがあります。